エンタメ

小さな幸せも掴む「死ぬまでにしたい100のことリスト」の書き方

どうもパパ猫です!

皆さん、人生を豊かにするために「死ぬまでにしたい100のことリスト」って知っていますか?

小さなことから、大きなことまで、死ぬまでにしたい100のことを決めて、1つ1つ叶えていくことで、人生を豊かに、小さな幸せを掴むためのリストです。

僕は、3年後、5年後、10年後・・・いつ何時でも人生で後悔したくないと思っています。

社会人になってからお金も稼げるようになってきたタイミングで100のことリストを考え抜きました!

本記事では、

  • 僕の死ぬまでにしたい100のことリスト
  • 書き方のコツ
  • 参考にしたもの

について、書いていきます。

もし人生を後悔したくないと思っているすべての人に読んでいってほしい内容です。

この記事を読み終えた後、皆さんも100のことリストを作ってみてほしいと願います。

100のことリストを作ってみると、

  • やりたいことの優先順位がつけられる
  • 本当にやりたいことが見つかる
  • 物事を価値で判断する目が養える

こんなベネフィットがあります。

また、もしリストを作っている人は、参考程度に読んでみて下さい。

「死ぬまでにしたい100のことリスト」作成の鉄則

僕がリストを作成するうえでいくつか鉄則を決めましたので紹介します。

  • やれる、やれないに関係なく作る
  • 小さい頃の夢も書き出す
  • どの程度クリアできているかも確認していく
  • 直感を信じる

これらの4つの鉄則を意識しながら書き出してみました。

僕は、『笑って人生を終える』『やりたくないことをして死なない』という人生を送りたいと思っています。

人生でやりたいことを諦めずに過ごしていきたいと強く考えるようになり、

豊かな人生を送るためのリストを作ろう!と決めました。

僕の「死ぬまでにしたい100のことリスト」について

これが僕の「死ぬまでにしたい100のことリスト」です↓

家族・家庭新婚旅行でイタリアに行く
妻と子供と露天風呂付ホテルに泊まる
子供と公園で虫取り
妻に毎年結婚記念日に花束を贈る
子供が大人になるまでサンタさんを演じ切る
子供と海外旅行
子供と海に行く
子供とドライブ
男料理を極める
1日1時間子供との時間を作る
年に1回家族旅行
買い物マイホームを買う
ワイヤレスイヤホンを買う
Mac Bookを買う
スマートスピーカーを買う
スマートキーを買う
革靴を買う
子供におもちゃを買う
有機ELのテレビを買う
お掃除ロボット
食洗器
PS5
オーダーメイドスーツ
食べ物回らない寿司屋に行く
本場イタリアのピザ
スペインでパエリアを食べる
ベルギーでワッフルを食べる
高級鉄板焼きを食べる
梅干を克服
月1回タイ料理を食べる
九州でウナギを食べる
健康的な食べ物を食べる
経験イルカと泳ぐ
オーロラを見る
スカイダイビングをする
宇宙旅行
乗馬
フェラーリを運転する
セグウェイに乗る
ヨットに乗る
銃を撃つ
アーチェリーをやる
猫を飼う
カヌーをする
気球に乗る
屋久杉を見る
ロードバイクで琵琶湖一周
ブログを始める
東京の夜空をヘリコプターから眺める
着物を着て鎌倉観光
旅行47都道府県制覇
イタリアに行く
スペインに行く
アメリカを車で横断
ラスベガスでカジノに行く
宮古島に行く
屋久島に行く
無人島に行く
富士山制覇
アメリカのディズニーランドに行く
オーストラリアのグレートバリアリーフに行く
ニューヨークに行く
スイスの鉄道に乗る
四国制覇
ハワイに行く
エジプトのピラミッドを見る
ウユニ塩湖に行く
スキル・資格日常会話レベルの英語
FPの資格
簿記の資格
ライティングスキル
プログラミングスキル
動画編集スキル
イラストスキル
料理のスキル
バイクの免許
ギターを弾けるようになる
ピアノを弾けるようになる
ワインソムリエ
褒める達人スキル
お金・ビジネス出世する
残業なし
自宅でできる仕事をする
転職
生活防衛資金を貯める
大手企業に就職する
1,000万円貯金
毎月5万貯金
つみたてNISAをやる
ジュニアNISAをやる
不動産投資をやる
不労所得を作る
法人設立
せどりをやってみる
家計簿アプリで固定費削減
肩書に縛られない働き方をする
その他別荘を買う
嫌なことをして人生を終えない
思い立ったら行動する癖をつける
本を書く
後悔しない人生を送る

死ぬまでにしたい100のことリストの書き方のコツ

死ぬまでにしたい100のことリストの書き方のコツについて紹介します。

僕は、

  • 項目を考えてから書き出す
  • 頭に浮かんだことをまずは書いてみる
  • 今日で人生が終わると思い考えてみる
  • 直感を信じる

の4つを意識して書いてみました。

重苦しく、堅苦しく考えずに書き出してみましょう!

項目を考えてから書き出す

書き出す前にまずは、項目を考えてみましょう。

項目は、ざっくりで大丈夫です!

項目を決めておくとイメージが浮かびやすく、書き出しやすくなります。

僕は、

『家族・家庭』『買い物』『食べ物』『経験』『旅行』『スキル・資格』『お金・ビジネス』『その他』

と設定しました。

最初は、項目を決めずに書いていたのですが、3分の2ほど書いたところで挫折してしまいまいた。

頭に浮かんだことをまずは書いてみる

やれる、やれない、実現可能か、不可能か、どうかは気にせず書き出してみましょう。

自分で限界を決めずに、まずは書いてみて、自分ってこんなことやりたいんだと気づくことが大切です。

とにかくバランスが大事です。

子供が持っている好奇心を取り戻す感覚が分かりますよ(笑)

結果として人生をより豊かに楽しくなるかけがえのないリストが出来上がります。

今日で人生が終わると思い考えてみる

もはや最終手段のようなイメージでしょうか。

今日で人生が終わると考えたときにどんなことがやりたいか?を考えてみるのも一手です。

僕も少し悩んだ時には、同様に考えてみました。

今日で人生が終わると思うと大きく、ハードルの高いことよりも小さなこともやりたいことに加わります。

家族との時間、食べたい物の項目が充実すると思います。

参考にしたもの

今回僕が『死ぬまでにしたい100のことリスト』を作るうえで参考にした書籍です。

これらの書籍を読むことでリスト作成がはかどりますし、充実しますよ。

この世界で死ぬまでにしたいこと2000 [ TABIPPO ]

旅の大事典がコンセプトの本です。

絶景、世界遺産、グルメなど、世界中の旅を2000個掲載しています。

写真もなんと2000枚掲載!!

今住んでいるところから視点を広げて、世界中でやってみたいことを探してみたい人にオススメの一冊です。

 

人生の100のリスト (講談社+α文庫) [ ロバート・ハリス ]

19歳の時にどんな人生を歩んでいけばいいかを考えたロバートハリス氏。

結果として100の項目からなる「人生のリスト」を作成しました。

世界中を放浪した経験談が書かれています。

人生、可能性は無限大!夢をあきらめないで叶えよう!と胸躍るような感覚で読める一冊です。

まとめ

以上が僕の「死ぬまでにしたい100のことリスト」の書き方をまとめてみました。

振り返ってみると本当に小さなことから壮大なことまで浮かびました。

リストを書き出してみて今までこんなことしたいと思っていたんだと自分自身を見つめなおす機会にもなりました。

皆さんも今日が人生で一番若い日です。

「死ぬまでにしたい100のことリスト」を作ってみて、叶えたい夢を叶えていきましょう!

皆さんも試しに書いてみてはいかがでしょうか?