生活改善・育児

【お値段以上か検証してみた】ピジョン母乳実感の正直レビュー

こんにちは、パパ猫です。

父親になったばかりですが、ピジョンの哺乳瓶の正直レビューをしてみます。

皆さんも哺乳瓶を買う際に

  • 赤ちゃんの飲み心地ってどうなんだろう
  • 自分が飲むわけではないから感覚が分からない
  • 種類も多いし、選びにくい

って悩んだことありませんか?

僕は、西松屋に3回も行き、悩みに悩みました。

もちろん、買って後悔した哺乳瓶もありますが、今回紹介する哺乳瓶はかなりオススメです。

本記事を読んでいただければ、

  • 新生児向けの哺乳瓶のオススメについて
  • 買って後悔した哺乳瓶について
  • 母乳実感の特徴について

が分かります。

では解説していきますね。

最後までご覧ください。

また、下記関連記事も書いていますので、読んでみて下さい。

主 https://moguragametataki.blog/%e5%88%9d%e5%87%ba%e7%94%a3%e3%83%9e%e3%83%9e%e3%83%bb%e3%83%91%e3%83%91%e5%bf%85%e8%aa%ad%ef%bc%81%e5%87%ba%e7%94%a3%e5%89%8d%e3%81%ab%e7%94%a8%e6%84%8f%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%8a%e3%81%8f%e3%81%b9/

 

結論:ピジョン母乳実感を買えば間違いない

いきなり結論ですが、ピジョンの母乳実感を買えば間違いありません(実体験)。

ピジョンの他の哺乳瓶も使用したことあるのですが、段違いでオススメできます。

オススメ理由
  1. 吸いやすいみたいで飲みっぷりがすごい
  2. 授乳時間を短縮できる(夜中かなり楽)
  3. 赤ちゃんのことを考え抜いた拘りがある

ピジョン母乳実感って?

授乳は肌の触れ合いもあり、赤ちゃんにとってとても大切な時間です。

新生児は、できる限り母乳を上げることが重要とも言われていますよね。

でも夜中に母乳で授乳することは相当大変だと思います。

僕の妻も寝不足で相当へばっています。

そんな時は、お父さんや家族が代わりに哺乳瓶で授乳することもあると思います。

ピジョンの「母乳実感®」哺乳びんは、一時的に哺乳びんを使っても、無理なくおっぱいに戻れることを目指して研究・開発された哺乳びんです。

ピジョンホームページより

 

特徴

母乳実感には、3つの特徴があります。

  1. 母乳を飲む時と同じ口の動きを再現している
  2. 瓶の口が広く、洗いやすく調乳しやすい
  3. 飲み方や飲む量など成長段階に合わせて選べるラインナップ

特徴① 母乳を飲む時と同じ口の動きを再現している

赤ちゃんが母乳を飲む時と同じ口の動きを再現して作られています。

赤ちゃんが母乳を飲む時には、

【吸着(パクっと咥える)】

赤ちゃんが吸っている時のおっぱいと同じ、広い口径で乳輪部分はすっきりした形です。唇の吸盤機能を促し、しっかり吸着できることで、余分な空気も飲み込みにくくなります。

【吸てつ(舌を波打たせて乳首を押しつぶし母乳を引き出す)

舌の波のような動き(ぜん動様運動)で搾るようにして、母乳を引き出します。この動きが叶えられる柔らかさと肉厚になっています。

【嚥下(飲み込む)】

生まれたばかりの赤ちゃんは、「嚥下」と呼吸の協調運動が上手ではなく、飲んでいる最中にむせ込みを頻発しやすいことが分かっています。
※乳首SSサイズは、そんな新生児期に適切な量の母乳やミルクが口の中に入り、むせ込みしづらいよう工夫されています。

この動作があります。

ここが重要です。

 

特徴② 瓶の口が広く、洗いやすく調乳しやすい

口が広い設計のため、とても洗いやすいですよ。

粉ミルクを調乳する際にもこぼすことが少なくなり、調乳しやすいです。

また、色んな授乳姿勢でも持ちやすく、手へのフィット感を追求したボトルデザインです。

軽くて割れにくい、医療機器にも採用されている上質なプラスチック(PPSU)製と耐熱ガラス製の2種類があります。

 

特徴③ 飲み方や飲む量など成長段階に合わせて選べるラインナップ

瓶の素材は、プラスチック製ガラス製 で選ぶことができます。

また、容量は160ml240ml の2種類があります。

僕は大は小を兼ねると思い、240mlを購入しました。

加えて赤ちゃんのことを考えられた乳首が6種類も用意されています。

乳首を交換さえすれば、同じボトルを使いまわせます。

 

製品ラインナップ

製品ラインナップは、

  • プラスチック製 6種類
  • 耐熱ガラス製 2種類

です。

カラーや柄もいくつかありますし、ミッキーのようなキャラクター柄もあり、可愛いですよ。

選ぶポイント

妻からの意見も踏まえて選び方のポイントをいくつかまとめてみます。

結論、我が家ではプラスチック製を選びました!後悔していません!

【素材の違い】

  • プラスチック製:軽い、落としても割れない、耐久性も日常使いでは問題ない
  • ガラス製:耐久性は高い、割れる心配がある、重い、価格が高い

【容量・素材の価格の違い】

  • 160ml(プラスチック):1,870円~1,980円(キャラクターデザインは1,980円)
  • 240ml(プラスチック):1,980円~2,090円(キャラクターデザインは2,090円)
  • 160ml(ガラス):2,024円~2,750円
  • 240ml(ガラス):2,156円~2,860円

上記の理由からガラス製のメリットを感じなかったのでプラスチック製にしました。

ちなみに下記画像の1,100円前後の物もラインナップにあります。

実際に使ってみたのですが、結論、あまりオススメしません。

買って後悔しました。

というよりも、母乳実感の方が飲みっぷりがよく、すぐに飲んでくれるので時短にもなるというメリットが大きいですね。

まとめ:ピジョン母乳実感は買って損なし

いかがでしたか?

僕は、この母乳実感を買って授乳が楽しくなりました。

今朝も子供に授乳したのですが、ちゃんと飲んでくれました!

どの哺乳瓶にしようか迷っている方の参考となれば嬉しいです。

 

今日が人生で一番若い日です!よい一日にしていきましょう!